経営コンサルティングの資格

経営コンサルティングの資格

あなたが経営コンサルティングへの道を考えているのであれば、資格を作ることをお奨めします。

 

経営コンサルティングに関する資格は何かとあります。

 

経営管理士、経理診断士、中小企業診断士などです。

 

当然、経営コンサルティング企業で働こうとするときにこうした資格が必須と言うわけではありません。

 

但し、それらの資格を携帯しておくことで、企業からの信頼を受けやすくなるのです。

 

経営管理とは民間の経営コンサルティング能力を認定する制度です。

 

会計的知識はもちろんですが、企業の経営計画に対する知識、投資に関する知識などを求められます。

 

まさにこの資格を摂るには通信教育などを受けることが一番早道です。

 

そしたら経理管理士は企業経営全般について診断、助言、指導などを行いますが、帳簿に関する計画立案、記帳の代理業務、指導などを行います。

 

経理診断士には1級と2級があり、それぞれ通信講座を受講することによって資格を取得することができます。

 

当然、会計関連の資格を携帯しておく必要がある他、キャリアもなければなりません。

 

そうしたら中小企業診断士があります。

 

この資格は中小企業に特化した、経営課題の診断、助言を行う上級に受け取れるものです。

 

就職や転職の際に、この資格が有利に動く場合もありますが、独立開業のすることもできます。

 

つまり、経営コンサルティングの会社を設立するのです。

 

中小企業診断士には受験資格は殊更ありませんから、知識とスキルがあれば誰でも取得可能な資格なのです。

 

 

 

経営コンサルティングと企業診断

経営コンサルティングの資格

 

最近注目を集めている経営コンサルティングという仕事はどのような仕事でしょうか。

 

一口で言えば、企業の実情を分析して、どのような問題があるのかを診断することです。

 

社会の中で置かれている状況を解ることによって、将来への展望が見えてきます。

 

経営コンサルティングを外部に委託する企業が増えてきていますが、それは取りもなおさず、自社のことが自分たちでわからなくなっているということです。

 

数十年前と現代では雰囲気が大きく変わっています。

 

昔は通用していた社会的な常識が通用しなくなっているという現実があります。

 

経営層が社会の変化についていけないようになっているのです。

 

それは企業としては改善決めることだが、社内にいてはわからないことがたくさんあるのです。

 

外部の経営コンサルティングは客観的に企業の内部を分析することであり企業診断とも呼ばれます。

 

それによって、ウイークポイントをクローズアップさせてもらえる。

 

経営コンサルティングによって明らかにされたウイークポイントに対してどのように取り組んでいくのかが重要になってくる。

 

問題を無視した状態では会社の発展は望めないからです。

 

企業は団体として機能しますが、社員個人の資質にもものすごく影響されます。

 

社員の気持ちが一つになることによって、大きな力が生まれるのです。

 

経営コンサルティングによって企業を立ち直らせることができたところはたくさんあります。

 

経営コンサルティングをサービスとしている企業をどのようにして選択するかも重要となります。

 

自社に適した経営コンサルティング企業を捜しあてることから始めましょう。

 

 

 

経営分析とコンサルティング

経営コンサルティングの資格

 

会社を経営していると様々な数字を見なければなりません。

 

その数字が意味するところを確かめることが経営分析と呼ばれるものです。

 

経営コンサルティングを外部の企業に依頼すると、では経営分析からすることが多いようです。

 

経営分析を行うことによって、いかなることが判るでしょうか。

 

経営状態、過去からの推移、利益率など数え上げればきりがありません。

 

経営コンサルティングにおいて重要なのは会社が置かれている状況を正確にわかることです。

 

希望的観測や精神論はほとんど意味がありません。

 

その点、数字はうそをつきません。

 

会社の状況を正確にわかるために大事な事柄なのです。

 

但し、すべての数字を調べていてはキリがありませんし、費用も掛かってしまいます。

 

そこでいかなるところを比べるのかということがポイントとなります。

 

経営コンサルティングサービスを提供している会社によって、考え方が異なってきます。

 

ですから、経営コンサルティング企業の選び方も重要になるのです。

 

経営分析と言っても簡単なものもたくさんあります。

 

決算書などから電卓を使って計算出来るものもあるのです。

 

経営コンサルティングを依頼するもありません。

 

経営者がその気になれば、いつでも分析出来るということです。

 

経営コンサルティングのセミナーなどに出席すると、分析の方法などを学ぶことができます。

 

また、インターネットなどでも取り調べることが出来るでしょう。

 

詰まるところ、経営者がどのように考えているかということなのです。