商談と言葉遣い

商談と言葉遣い

商談を、進める上で相手との会話には、忠告を、払わなければ成りません。

 

その趣旨は、もちろんですが、言葉遣いにも気を、付けましょう。

 

それが、ビジネスマナーだからです。

 

顧客を、相手にしている時は、社内の人間は、すべて身内の視点で話すことが、大切です。

 

つまり、敬語を、使わ無いのです。

 

インターネットで検索してみればいっぱいの事例が、記載されています。

 

難しいことでは、ございませんから、読んでおきましょう。

 

新入社員の教育で、きっちりと指導する会社も有りますが、殆どトピックになら無い会社も有ります。

 

それは、会社の業趣旨が、違うからです。

 

めったに顧客と接する機会が、無い職場とコンビニエンスストアのように接客が、メインの職場では、言葉遣いの大切度が、違うのです。

 

ビジネスで商談を、うまく成立させる為には、言葉遣いだけでは、無理です。

 

どのような形であれ相手に長所が、なければ訳が、無いのです。

 

もちろん、いっぱいの人は、自分の業に自信を、持っていますし、誇りも有るでしょう。

 

それが、言葉遣いだけでひっくり返ること言うのは、ございません。

 

自分の業と商談における会話に直接の関係が、有ること無いでしょうが、変な言葉遣いを、聞いた相手は、あなたの会社の評価を、下げることでしょう。

 

それが、最終的な判断に影響する出来る性は、否定出来ません。

 

ただ、そのくらいのことが、商談を、変えてしまうのであるのなら、相手の長所は、少無いと思ってちょうだい。

 

新入社員の言葉遣いは、気にしなければ成りませんが、ベテランになれば自然と言葉は、出てくるのです。