敬語が必要な時

敬語が必要な時

目上の人や顧客に対して敬語を、使うのは、一定段階ですが、その時の状況に合わせて言葉遣いを、変えなければ成りません。

 

それが、ビジネスマナーと呼ばれているものです。

 

難しいことでは、なく、誰に対して敬語を、使うべきかを、かんがえればいいのです。

 

新入社員教育の一環でビジネスマナーを、教える会社も有りますが、一般常識と見れば説明しなくても知っておいてほしいものでしょう。

 

この時代人としての一般常識を、知らずにビジネスマナーだけを、身に着けようとかんがえることに無理が、有ります。

 

ただ、現代の若い人と上司に成る中高年世代では、この時代のかんがえ方自体が、ギャップます。

 

どちらが、正しと言うことでは、なく、その時代によるマナーもチェンジしていると言うことです。

 

つまり、言葉遣いも少しずつ変わっているのです。

 

敬語に対するかんがえ方も同じでしょう。

 

もちろん、相手を、敬うおもいは、当然要するですが、それを、言葉にする時にどのような話し方を、するかが、ポイントに成ります。

 

インターネットや本で説明されていることだけが、的確とかんがえるのでは、なく、自分たちでどのような言葉遣いにするかを、かんがえてちょうだい。

 

いっぱいの接客業では、言葉遣いにかんする細かいマニュアルが、有ります。

 

その通りに話せば、ビジネスマナーとしては、100点満点なのです。

 

ですが、それを、聞いていると何となく違和感が、有ります。

 

おもいが、籠ってい無いからでしょう。

 

自分のおもいを、相手に伝えることが、接客業としては、要するです。

 

笑顔の裏のおもいを、伝えなければ成りません。