親しき中にも礼儀あり

親しき中にも礼儀あり

親しき中にも礼儀ありと言うのは、各々の立場に合わせて丁寧な言葉遣いも要するで有ると言うことです。

 

もちろん、その親しきと言うエリアは、人による異成りますから、自分は、親しいと思っていても相手は、違っているかもしれません。

 

ビジネスのワールドでは、相手との距離の取り方が、難しいのです。

 

上司と部下の関係であるのなら敬語を、使うことが、当然ですが、つい同期の社員と同じような言葉遣いを、してしまって、そのことを、指摘されることも有るでしょう。

 

ビジネスマナーの基本が、なってい無いと言われるのです。

 

何処迄が、礼儀なのかも大切です。

 

ビジネスマナーのマニュアル等も生成されていますが、それを、どの状況で使えばいいかを、会得しなければ成りません。

 

上司と部下、顧客と自分の関係を、常に意識することが、この時代人として要するなことなのです。

 

又、対などの関係であっても親しい間柄でなければ、一般的には、敬語を、使います。

 

ですが、相手には、敬語として受け取られ無いケースも有るのです。

 

これにエリア毎の方言が、加味されると余計にわかりが、たく成るでしょう。

 

人間関係を、良好に保つ為には、日々の会話が、大切です。

 

商談を、成立させる為にも要するなことなのです。

 

ただ、外国人とのケースは、如何、ですかか。

 

英語で敬語は、どんなふうに表現されているのでしょう。

 

国際人を、目指しているなら、それも学ぶようにしてちょうだい。

 

単に業が、出来るだけでは、ビジネスマンとしては、不いっぱいでしょう。

 

自分の言葉遣いを、もう一度確認してみましょう。