言葉遣いと気持ち

言葉遣いと気持ち

感謝のおもい、敬うおもいを、持っているとしても、それを、言葉に出さなければ相手に伝わりません。

 

それは、ビジネスにおいても同じことでしょう。

 

どれだけ笑顔で接していても、言葉が、なければ誠意は、伝わら無いのです。

 

ビジネスを、スムーズに進める為には、商談相手のおもいを、かんがえなければ成りません。

 

長い間営業を、していると、その言葉遣いが、スムーズに出てくるように成ります。

 

それが、営業マンとしての資質に成るのでしょう。

 

新入社員の時は、どのような職場に配属に成るかわかりませんから、何でも、対応出来るように言葉遣いの研修を、受けるのです。

 

あなたの会社では、どのような研修が、おこなわれているでしょうか。

 

自分の言葉遣いを、振り返ってみましょう。

 

意外と適当な言葉を、使っているのでは、無いでしょうか。

 

もちろん、相手に伝えたいこと言うのは、伝わっているのですから、お目当ては、成就しているかもしれません。

 

ただ、この人と言うのは、話したく無いとかんがえる人が、いてもおかしく無いでしょう。

 

ビジネスは、インターネットを、使ってE-MAILだけのやり取りで済むケースが、いっぱいなってきました。

 

若い世代の言葉遣いが、気に成るところです。

 

E-MAILでは、おもいを、伝えること言うのは、出来ませんから、ビジネスマナーとしての文面を、しっかりとおさえておくことが、大切です。

 

ビジネスでは、相手に好感を、持ってもらうことが、大切な使命を、果たすことを、会得していれば、どのような文面を、書けばいいかわかります。

 

インターネットにいっぱいの文例集が、記載されています。