言葉遣いと電話対応

言葉遣いと電話対応

ショップ舗の受付を、任されているなら、電話対応もしっかりとおこなわなければ成りません。

 

そこで大切なのが、言葉遣いです。

 

電話を、取ってから話す言葉は、マニュアルで決められているでしょう。

 

ですが、その通りに話すこと殆どございません。

 

相手に合わせて対応することが、大切と成ります。

 

どのような言葉遣いを、すればいいかを、会得しておけばいいだけです。

 

電話対応で忠告すること言うのは、聴き易い話し方を、することです。

 

言うべきこと言うのは、わかっているとしても、電話の受話器を、通ると言葉の明瞭度が、下が、ります。

 

聴こえが、たく成るのです。

 

早口もダメですね。

 

受付としての研修を、新入社員の時は、受けたことでしょう。

 

そこで指摘されたことを、どれだけ実践で応用出来るかが、大切です。

 

もちろん、言葉遣いや電話対応は、本質的なことですから、それだけで評価が、上が、るとかんがえるべきでは、ございません。

 

この時代人としての常識段階のことだからです。

 

常々何気なく使っている言葉だけで、ビジネスが、スムーズに行くことも有ります。

 

商談の業を、電話でおこなうケースも少なくございませんが、それだけでは、済みません。

 

直接会って話を、しなければなら無いのです。

 

相手に対して丁寧な言葉遣いは、当然だとしても、それだけでビジネスが、うまく行くわけでは、無いでしょう。

 

営業成績が、いいスタッフは、それだけの努力を、していますし、相手に好感を、もたれるような話し方を、しているは、ずです。

 

手本と成るべき人を、見つけたら、その言葉遣いに忠告するようにしましょう。