接待と言葉遣い

接待と言葉遣い

営業のワールドでは、接待も大切な業です。

 

もちろん、相手による接待の趣旨は、変えなければ成りませんが、言葉遣いだけは、変わりません。

 

新入社員の言葉遣いだけが、おかしいと指摘されることが、いっぱいのですが、現実には、ベテランの営業マンでも、マニュアルと比較するとおかしい話し方を、しているケースも有ります。

 

ただ、それは、ケースによる使い分けているのです。

 

接待による、ビジネスが、スムーズに行くと言うのは、限りません。

 

営業マンの腕次第と言うことかもしれませんが、これによるには、それ迄の信頼関係が、何処迄築けていたかを、かんがえなければ成りません。

 

インターネットで検索するビジネスマナーは、言葉遣いだけでは、なく、お辞儀の手法や名刺の渡し方等多様な項目が、有ります。

 

ただ、最前線の営業マンでなければそこ迄要するでは、無いのです。

 

接待も同様です。

 

工場で新しい生産品を、創る業であるのなら、顧客も手法者と成ります。

 

お互いに本音で話し合いますから、言葉遣い等気にする要するも無いでしょう。

 

ただ、そこに同席している営業マンは、ギャップます。

 

しっかりと接待のセッティングを、していることでしょう。

 

各々の業には、使命が、有ります。

 

自分が、果たすべき使命を、成就する為に要するなことを、かんがえてちょうだい。

 

言葉遣いは、この時代人としての常識と言われることが、いっぱいのですが、現実の業では、臨機応変にその場に合わせて変更することが、大切です。

 

マニュアルが、無いと何も話せ無いこの時代人では、役に立たなく成るでしょう。