挨拶と言葉遣い

挨拶と言葉遣い

新入社員が、出だしに学ぶのは、挨拶の手法です。

 

顧客に対しては、当然ですが、社員同士でも、朝の挨拶は、大切です。

 

活動的の良い挨拶は、非常におもいのいいものです。

 

口のなかでぼそぼそと話しては、いけません。

 

同じ時に言葉遣いも学ぶでしょう。

 

ビジネスにおいては、相手との関係を、崩さ無いようしなければ成りませんから、言葉遣いが、大切なポイントに成るのです。

 

もちろん、業の趣旨による、話す相手は、変わってきます。

 

丁寧に説明しなければなら無いケースと議論を、戦わせるケースが、有るでしょう。

 

各々で言葉遣いは、変わっていいのですが、無訳に怒らせるような言葉は、避けるべきです。

 

当人同士の人間関係を、壊すだけでは、なくビジネスに支障が、出てしまうことも有るのです。

 

ビジネスにおける言葉遣いと言うのは、相手との関係のなかで選ばなければ成りません。

 

杓子定規に決められた言葉だけを、使えば済むことでは、無いのです。

 

コンビニエンスストアや食堂のショップ員の言葉遣いが、変だとおもう時も有るでしょう。

 

ですが、それに対して文句を、言う要するは、ございません。

 

このショップ舗は、そのようなところなのだとおもえばいいのです。

 

顧客相手の職場では、言葉遣いにすさまじく神経を、使っています。

 

挨拶は、その最たるものでしょう。

 

朝の挨拶、夕方の挨拶は、心を、込めているは、ずです。

 

ビジネスですから自分の個人的な状況に関係ございません。

 

ムシャクシャすることが、あっても、顧客の前では、にっこりと笑顔を、創ることが、要するなのです。

 

つまり、言葉は、丁寧でも、心のなかでは、何を、かんがえているかわから無いでしょう。