言葉遣いとマナー

言葉遣いとマナー

ビジネスマナーを、知ら無い人は、他の人に不快感を、与えていることも有るでしょう。

 

これは、ビジネスマンと言うよりもこの時代人として何処か欠落している部位が、有る出来る性も否定出来ません。

 

もちろん、誰でもが、同じように人付き合いが、うまいわけでは、ございませんが、それなりにビジネスに支障が、無いくらいの対応を、しなければ成りません。

 

自分が、やるべき業においては、特にに言葉遣いを、気にしなくてもいいケースも有るでしょう。

 

ただ、どのような言葉遣いを、すべきかを、会得しておかなければ成りません。

 

状況によるは、顧客に直接しなければなら無いケースも有ります。

 

現場の業ばっかりを、していると、どのような言葉遣いを、すればいいかわからなくなってしまうのです。

 

ですが、丁寧な言葉を、使えばいいだけです。

 

相手に対して丁寧に接することが、マナーの一つとかんがえてちょうだい。

 

ビジネスでは、ホテルマンのように極端に丁寧な対応を、する要するは、ございません。

 

これ迄も会社では、多様な機会を、通してマナーについて説明されていることでしょう。

 

そのすべてを、応用すること言うのは、出来ませんが、状況に応じて適切に対応するための知識は、身に着けるべきでしょう。

 

それが、マナーと成るのです。

 

相手に対して自然に反応出来るようにならなければ成りません。

 

ただ、新入社員にそれを、求めるのは、酷ですから、接待用のマニュアルが、創られるのです。

 

自分に何が、要するなのかを、かんがえてちょうだい。

 

それもこの時代人としてやるべきことでしょう。

 

言葉遣いだけのことでは、ございません。